複雑な年

2008年12月31日(水)

今年は復職しまた頑張っていこうと思っていた矢先にエルフが逝ってしまうという大きな悲しみが起こってしまいました
でも皆さんに優しい言葉と励ましの言葉を沢山頂き、そして新しいパートナーを迎える事が出来ました

本当に皆さんには色々助けて頂き感謝しております
ありがとうございました


皆さんのコメント返信もなかなか出来ませんでしたが、来年からまたしっかりさせて頂きます

新しいパートナーですが・・・・・・・・・・
なかなか手強い仔です 苦笑
ブログデビューはもう少々お待ち下さい


♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

エルフと私の運命

2008年12月29日(月)

白血病は発症した予後がとても悪くその命は平均2週間くらいだそうです
エルフは1ヶ月以上も生きていてくれました
それどころかご飯もガバガバ食べ部屋中飛び回るほどの回復を見せてくれました
今思うと奇跡のような出来事でした
きっと私の為に頑張ってくれたんだと思います
エルフの顔を見ては泣いていた私を彼は「エルフは大丈夫だよ、だから泣かないで」という表情で見ていました
自分が辛いのを我慢して私を励ましてくれていました
きっとエルフには全て分かっていたんですね 

画像 013
この写真は亡くなる前日のエルフ
貧血で身体は辛そうでしたが、トイレも自分で行き普通に動いていました

もしかしたら私はエルフに出会っていなかったかもしれなかったんです
エルフのお見合いの日、私は体調を崩して出かけられずミケトラさんに「他に希望者がいたらそちらを優先させて下さい」と連絡を入れました
そして半ば諦めていたら、ハナちゃんのお届けが同じ沿線だったのでミケトラさんは一緒にエルフを連れて家に来てくれたんです
あの時ミケトラさんが来てくれなかったらエルフとは会えていませんでした
そしてエルフを庭に埋めてくれた事で一生お付き合い出来るお友達になりました

1年7ヶ月の猫生でしたが、休職中に出会った事でその殆どを一緒に過ごす事が出来ました
とてもとても濃密な1年7ヶ月でした

普段はクールで殆どベタベタしないくせに、私がPCばかりやっていると「遊ぼうよ~」と甘えてくるエルフ
ヌイグルミやボール遊び追いかけっこやかくれんぼ沢山沢山遊びました
エルフ楽しかったね にっこり 私の所に来てくれて本当にありがとう
また何処かで会おうね 白猫

目で追う

そして

私の所で使命を終えた白い天使は私に新たなパートナーを連れて来てくれました




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

これも思い出に

2008年12月24日(水)

ミケトラさんのところで見たおもしろサイトです
海外のサイトっぽいですね

マグカップエルフ  

写真立てエルフ

絵画エルフ2

$エルフ

絵画エルフ




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

エルフへの想い

2008年12月21日(日)

エルフは可愛かったです

エルフは賢かったです

エルフは臆病でした

エルフは優しかったです

エルフはイケメンでした

エルフは空気が読めました

エルフは時々寝言を言っていました

エルフは抱っこが嫌いでした

エルフは悪戯でした

エルフはドジでした

エルフはボール遊びが好きでした

エルフはヌイグルミが好きでした

エルフはお風呂のふたの上が好きでした

エルフは暑がりでした

エルフの全てが私は大好きでした
彼は私を鬱から救い出してくれた私のお医者様でした

ネズミ乗せ1

何人かの方に「また猫との暮らしを始めては」と言われました
でもエルフに悪い気がしてそんな気持ちにはなれませんでした
会社でも電車の中でも、どこにいても何をしていてもエルフの事を思い出し泣き続けていました
外に出るのが苦痛で堪りませんでした
エルフが亡くなってまだ数週間ですが静まり返った部屋の中は何ヶ月も経った様に感じています

主治医を失った私は、また鬱の沼に向かっていました

私のブログやミケトラさんのブログに皆さんが色々な言葉を下さいました
初めてコメント下さる方もいました
どんな励ましの言葉も虚しく感じていました
でも何度も読み返しているうちに少しづつ気持ちが変わってきました
ミケトラさんの「いつまでもメソメソしていてはDr.elfに怒られますよ!」
母の「いつまでも悲しんでいるとエルフが心配して天国に行けない」
などの言葉で「ここでまた私が後戻りしてしまうとエルフが私にしてくれた事が無駄になってしまう、これ以上エルフを心配させてはいけない」と考えるようにしました

エルフは私に沢山の楽しい想い出と優しさをくれました
その想いを丸ごと背負って、私は新たなパートナーを探す気持ちになりました
エルフありがとう

IMGP3291.jpg

良いよね?エルフ




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

旅立ち

2008年12月14日(日)

12月3日(水)深夜3時頃 エルフは旅立ちました
最後まで自分でトイレに行きベッドやソファにも飛び上がったりし顔付きもしっかりしていました
ただ食べ物や飲み物はもう一切口にしませんでした
2時くらいに嘔吐し、目を大きく見開き呼吸が荒くなりそのままの状態で1時間後に前足をピンと伸ばし「かっかっか」と何度か嘔吐のような動作をした後、そのまま眠るように息を引き取りました
勤めている私は死に目に会えないとだろうと諦めていましたが、最後を看取ることが出来ました

翌日は母が顔を見に来ました
「今度生まれて来る時は丈夫な体になろうね」と体を撫でてくれました
獣医さんに報告し袋に入れ氷を添えました
その後ミケトラさんに報告をしました
木曜金曜はエルフの顔を見てはずっと泣いていました
6(土)の午前中に母と二人でエルフを連れミケトラさんの家に向かいました
11時半頃到着しエルフを見せました
ミケトラさんは両手でエルフの足を握り締め泣きながら「よく頑張ったね、今度は健康な体に生まれ変わろうね」と言って下さいました
兄弟のジョイ君がエルフの周りをウロウロし匂いを嗅いでいました
私は「ジョイ君、エルフが帰って来たよ、エルフのお墓を宜しくね」と話しかけました

画像 017

そしてお花を飾り写真を撮ったあとお墓に入れました
お墓にはエルフの好きだったアルミボールを1つ一緒に入れてあげました
きっと元気になった体で虹の橋で遊んでいるでしょう

画像 018

画像 021

発症してから1ヶ月強で逝ってしまったエルフ
チューブが外れた後、食欲も戻り元気に部屋中を飛び回っていたので僅かな「奇跡」を願っていたのですが、病魔はエルフを放してくれませんでした
エルフは私が復職して1ヶ月弱で発症しました
まるで私の復職を見届け安心するかのように・・・逆に見れば私が復職するまで病気を撥ね退けていたのかもしれません
彼は本当に私を救う為に降りてきてくれた天使のようでした

画像 020

ミケトラさんは「また猫を飼ってあげて、それがエルフの供養になるから」と言われました
ブログを見た友達も電話をくれ同じ事を言っていました
母も「残された者が逝った者をいつまでも想っていると天国に行けないよ」と言いました
落ち着いたら考えてみようと思います




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

エルフのいない部屋

2008年12月08日(月)

PC修理にまだ時間がかかるので会社の昼休みに更新しています

昨日、ヌイグルミや玩具をエルフが良く入っていた籠の中にしまいました
食卓も片付けトイレも洗って周辺グッズをまとめました
でも部屋にはエルフの想い出も匂いもたくさん残っています

エルフが望まなかった事ばかりしてしまったような気がします
鼻チューブ挿入をして辛い思いをさせてしまいました
嫌いな病院に何度も連れて行き怖い思いをさせてしまいました
口をこじ開け無理矢理ご飯を食べさせてしまいました
大変なストレスだったと思います
エルフの気持ちを分かってあげられなかった自分が腹立たしいです

エルフは毎朝起こしてくれました
帰宅すると玄関に跳んで迎えに来てくれました
ボールやヌイグルミを咥えて遊びを要求していました
抱っこは嫌いですぐ逃げるくせに、甘えたい時は頭をごりごり押し付けて来たり足にじゃれ付いて来ました
私が食事をしていると目を細くしながらゆっくりとテーブルに前足を掛けおかずを取ろうとしました
掃除が始まるとすぐに高い所に避難し終わるまで掃除機を見張っていました
ピンポンが鳴ると猛ダッシュでお風呂場やベッドの後ろに隠れていました

鬱病で身も心も置き所のなかった私は彼が来てからは楽しい毎日でした
彼は私の元でどんな猫生だったのかな・・・・・


凝視11

♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

エルフという白い猫

2008年12月04日(木)

昨晩3時にエルフは虹の橋に向かいました
皆さん、色々ありがとうございました



奇しくも昨日頑張るというメッセージを出したばかりだったのに残念です
落ち着いたら改めてご報告いたします




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

経過報告

2008年12月03日(水)

皆さん、毎日ご訪問頂きありがとうございます
この一週間、とても長い長い一週間でした
エルフはみるみる食欲をなくしあっという間にご飯を食べなくなりました
水だけは良く飲んでいましたが、それも先週金曜辺りからとうとう水も飲まなくなりました
その時点で「もうここまでだ、これ以上無理に強制給餌してもエルフは辛いだけ・・・このまま静かに逝かせてあげよう」と思い始めていました
でもブログ仲間からサプリメントとメッセージが届きました
そのメッセージは私を元気付け目を覚まさせてくれる内容でした

そしてなによりエルフが、私がエルフの前でメソメソしていると、そんな顔見たくないとでも言うように横になっていた身体を起こし背を向けるんです
背中やお尻の骨が出て来るほどやせ細り、毛繕いも出来ないくらい弱っていながらエルフはしっかりした顔付きをしているんです
瞬膜は出ていますがキッとした表情で私を見ています
そんなエルフを見て「泣いている場合じゃない、私が面倒見ないでどうする!」と思いました
エルフは私の主治医、私はまだ薬を飲んでいるのだからまだ逝かれちゃ困る!
そして今週からまた頑張って強制給餌を始めました
痩せて弱々しい身体ですがもの凄い力で抵抗してきます
もしかしたら遅いかもしれません、でも少しでも栄養を摂って元気を取り戻してもらいます


運悪く自宅PCが壊れてしまい本記事は会社で更新しました
修理に出すのでメールを頂いている方、お返事遅れる旨ご了承下さい




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif