もう無理なのかもしれません

2008年11月24日(月)

先週土曜朝一で病院に行ってきました
もう検査等はさせたくないので診察だけしてもらいました
鼻や耳が真っ白なので前回の様な重度の貧血状態だろうと言われました
抗がん剤・輸血以外の治療法は飲み薬しかないそうで抗腫瘍剤・食欲増進剤・整腸剤を処方されました
そして前回貰った栄養カルシス・k/d・a/d缶を貰いました
本当はチューブで流動が良いと言われたのですがエルフにはそれがストレスになるので止めてシリンジで強制的に食べさせる説明をされました
自宅に戻りシリンジで口に入れましたが嫌がって半分は吐き出してしまいます
勿論自分からは食べません
少しでも栄養食を摂ってもらいたいので何度かやりましたが、無理矢理やるのも可愛そうなので出来ません
土日は殆ど食べず動きもふらつく感じになっていたので、これでは一週間持たないかもと涙が止まりませんでした
今朝8時前に目が覚めるといつもベットの上で寝ているのにいないので呼んだら、ドアからひょこっと顔をだしベットに飛び乗ってきました
そしてリビングに行きエルフの食卓を見たら昨夜置いておいたウエットがなくなっていたので夜中に食べた様です
そして新しいウエットを出して口に持っていくと少しですが食べてくれました
これは処方食ではなくいつも食べている魚缶です
10時頃母から今日行くからと電話がきました
昨夜電話で私が泣きながら話したので心配したのでしょう
11時過ぎに来た母は「可愛そうだけど仕方ない、そういう運命で生まれてきたんだから・・・いくら栄養があっても嫌いなものを無理にあげるより好きなもの食べさせて、少しでもストレス無いように過ごさせてあげれば良いよ」
そして母がカリカリを少し出して新聞の上であげたら食べていました
昨日よりは若干食欲が出ているようです
でも鼻は相変わらず白くどんどん痩せて肩甲骨が出てきています

前回の記事で免疫力の上がる食事やサプリを何人かの方からアドバイスを頂き、皆さんありがとうございます
獣医さんは「病院では特に勧めているサプリはありませんが個人的にDHAは良いと思いますよ、コンビニでも売っているので50gに割ってあげて下さい」と言われました

かなり厳しい状態なので余命は数週間程かと思われます




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

さんま教授の有難いお言葉

2008年11月20日(木)

以前、TVで明石家さんまが自分の娘の「いまる」という変わった名前の意味を話していました

             生き てるだけで 丸儲け 

この素敵で面白い意味を今二人で実感しています

IMGP3367.jpg

エルフ君、私たちは 丸儲け丸儲け だね

IMGP3359.jpg


食べてはいるのですが、ここ最近食が細くなっているので若干心配・・・・・
抗がん剤治療は拒否しましたが出来る限り楽しく少しでも長生きして欲しいという想いは変わりません
それには免疫力を上げる事が重要だと思うのですが、免疫力を上げる食事と良いサプリメントを考えて行こうと思っています
ネットで色々調べてみましたが沢山あり過ぎてどれが良いのか決めかねています
「こんな食事が良いよ」とか「このサプリは効果がある」というのがありましたら教えて頂けますでしょうか?
因みにエルフはビーフとポークは食べないリーズナブルなニャンコです
病院で貰ったヒルズのk/d缶は一切口を付けませんでした
皆さん宜しくお願いします





♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

厳しいエルフ

2008年11月19日(水)

エルフ君、新しい籠ですよ

IMGP3384.jpg

そっぽ向かないでちゃんと見て下さい

IMGP3386.jpg

寒くなってきたのでタオルを敷きました

IMGP3394.jpg

普通の籠ですよ

IMGP3390.jpg

え~!せっかく買って来たのに

籠チェック

厳しいチェックですね、エルフ君

IMGP3400.jpg

それは籠が入っていた袋ですよ 汗
ちなみにこの籠470円也




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

ヌイグルミ今昔

2008年11月17日(月)

これは発症前のエルフです
いつもバトっているモン太と仲良くしていたので撮りました

IMGP3243.jpg

IMGP3244.jpg

IMGP3245.jpg

最近のお気にはプーさんと茶トラに変わりつつあります

IMGP3363.jpg

モン太よNO.1の座を取り戻せ!




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

白い天使のお話

2008年11月16日(日)

「白の体を持って生まれた仔は命の修行を積み重ね、たくさんの命に生まれ変わり、そして最後に白い体を持って生まれる」

ある人が私にしてくれたお話です
その人は私に沢山沢山優しい言葉をくれました
私が鬱病の事を話した時もエルフの発症の時も、その人は私に静かに語りかけてくれました
会った事はありませんが文字から優しく素敵な人柄が伝わってきます
その人のブログに先日私とエルフへのメッセージが書かれていました
ブログの最後は「大切な友人に、心を込めて・・・・・」と締め括られていました

胸が

とても熱くなりました

そんな素敵な人に出会えた事に

IMGP3361.jpg

その人のブログ・・・それは秘密です
でも必ず見つけられますよ、その人も皆さんと同じ私のブログ仲間であり大切な友達ですから

上の写真は炬燵ではありません
ベットパットとマットレスの間に入って遊んでいるんです




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

病み上がり

2008年11月15日(土)

超ビビリのエルフは勿論病院に行くとド緊張状態
診察前に血圧を測るのですが、毎回看護師さんに「エルフちゃん肉球汗びっしょりだね~」と言われていました
ぎりぎり尻尾で測れるのですがビビッて尻尾を丸めてしまうので測定バンドを巻くのも大変そう
測定器のジーという音がする度に私の腕に顔を埋めていました
「は~い、すぐ終わるよ~、嫌だね、恐いね、ごめんね~」と看護師さんは一生懸命なだめながらしてくれます

IMGP3347.jpg

IMGP3377.jpg

病院から戻って毛繕いや後ろ足でのカキカキが妙に激しいんです
もしかしたら病院で他の猫からノミを移されたかなと思いレボリューションしてあげました
これってされると1日くらいは気持ち悪いらしく落とした部分を気にしていました

IMGP3373.jpg

今回の治療で毛を剃られこんな姿になってしまいました
前足の付け根あたり左右にチューブ挿入の際の切開の跡が分かりますか?
本人は気になるので頻繁に舐めています
舐め過ぎて傷が開かないか心配・・・早く毛が生え揃えば良いね

IMGP3369.jpg

それと茶色の消毒液もなかなか取れません
お風呂に入れてさっぱりさせてあげたいのですが、エルフの場合お風呂は阿鼻叫喚になるので蒸しタオルで拭いたのですが綺麗には取れません

IMGP3370.jpg

食欲も元気もあります
玩具を振ると目を爛々とさせじゃれ付いて来ます

IMGP3376.jpg

今はエルフ中心の生活です
会社でも「エルフ、もうすぐ帰るよ~待っててね!」と常に思いながら仕事しています
でも帰るのが楽しみでもあり恐くもあります
「また元気がなくなっていたらどうしよう?!食欲がなくなっていたらどうしよう?!もうチューブは付けたくない・・・」
帰宅すると「お願い!走って迎えに来て!」と願いながら毎日ドアを開けています





♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

撮れなかった記録

2008年11月10日(月)

チューブの写真を撮っておこうかどうか悩みました
最初はあまりにも痛々しいので考えもしませんでしたが、記録として残しておいた方が良いのかとも思いましたがやはり撮れませんでした

今回のエリカラは紙製、顔側にも身体側にもなるので便利です・・・・が、これが2,000円もします

IMGP3333.jpg

お行儀良いね

IMGP3337.jpg

この手足どうなっているのかな?

IMGP3341.jpg

なんでも枕にします

IMGP3355.jpg

「苦しそうにしていたら酸素を入れて下さい」と言われ退院の際にゴロゴロ転がして持ってきた酸素ボンベ 
苦しそうな状態にはならなかったんですが、1度だけチューブを繋いでみましたが嫌がって動き出したのですぐに外しました
病院ではケージの中で大人しく繋がれていました
やはり病院では観念しちゃうみたいです




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

リターン

2008年11月09日(日)

抜糸前のエルフ君
チューブが取れて食欲も元気も出てきましたが、やはりエリカラが鬱陶しそうです

IMGP3318.jpg IMGP3320.jpg

IMGP3323.jpg IMGP3334.jpg

昨日、抜糸をしてきました
そして今後のQOLについて先生と話してきました
①抗がん剤治療 ②飲み薬 ③何もしない
①は断ったので②か③です
今回の検査で心臓と肝臓に疾患が見つかったので心臓薬と利胆剤は暫く続けて下さいと言われました
今は朝晩2回飲んでいます
それも口を開けて無理に飲ませていてストレスになるので回数を減らせないか聞いたら、夜だけにしましょうとの事なので1か月分処方してもらいました
薬は暫く続きますがエリカラも取れて元の生活に戻れました
検査や輸血、チューブ挿入で剃られたお腹、胸、首、右前足の毛は完全には生え揃わないかもしれないと言われました
胸は傷もあるので痛々しいですが、お腹・首・前足はちょっと見プードル風です

IMGP3345.jpg

IMGP3352.jpg

うんちはまだ柔らかめですが、食欲もあり妙なテンションで部屋中走り回っています
ちょっと玩具を振ると跳び付いてくるし、朝起きるとベットの上にヌイグルミがあるので夜中に遊んでいるみたいです 
体重は現在4.8kg、かつての5.2kgから大分減りちょっと細身になりました
やっぱり見た目はムクムクしていた方が可愛い気がします
そして食事ですが、エルフは処方食は食べません
なのでカリカリは栄養価の高いキトンでウエットも普通にマグロやシラスの缶詰やササミなどです
先生も「無理に処方食をあげるより好きな物にしましょう」と言って下さいました

案の定病院から戻ってきたら、待ってましたとばかりにず~っと毛繕いしていました
取り合えず落ち着きました

皆さんには沢山沢山心配をお掛けしました
白血病について色々調べて下さった方、カンパを申し出てくれた方、私の気持ちを少しでも楽にしようと素敵な言葉を掛けて下さった方、ブログやメールでしかやり取りした事がないのに直接お話している様な感覚でした
本当に皆さんには感謝しても仕切れない程です
エルフはあとどのくらい生きられるか分かりません、でもエルフにも私にもこんなに沢山の強い味方が付いているのですから悔いのない楽しい毎日を送っていきます
皆さん本当に本当にありがとうございます





♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

不安

2008年11月07日(金)

エルフ発症の報告により兄妹猫達にも不安を抱かせる事になってしまいました
不安や苦しさは自分だけではない、同じキャリアーの猫や飼い主さんも同じ事なに・・・ミケトラさんハナママさん不安にさせてしまいすみません

動物医学界で1日でも早くこの憎い病気の解明を行って欲しいです
抗がん剤治療は辛いものです、ワクチンも完全ではありません
感染させない、発症させない方法を1分1秒でも早く・・・科学者の皆さんお願いします


エルフはここ数日妙に元気です
自分でボールを咥え遊べと持ってきたり紐にじゃれついたりタワーに駆け登っています
状態が落ち着いているだけなのか最後の命を燃やしているのか、そんな姿を見ていると「もしかしてこのまま元気に・・・」と奇跡を望んでしまいます

IMGP3313.jpg

やっと写真UP出来ました
これは鼻チューブを外して帰ってきた時の写真です
病院に行く時は「意地でもバックに入らない!」と四足を突っ張って猛抵抗だったのに、帰って来たら自ら入り込んで遊んでいました
明日は抜糸です

右サイドバーのフリーエリアに設置してある「今日の一言」ですが、昨日は本田美奈子さんの言葉でした
見た方いらっしゃいますか?
毎日変わるので今日はもう別の人になっています

白血病と闘うすべての人に生きる勇気と希望を届けたい 
本田美奈子2005年11月6日没





♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

現状

2008年11月06日(木)

今週月曜に病院の腫瘍センターに呼ばれたので話しを聞いてきました
説明は院長先生がしてくれました
一通り説明を聞いた後、私は「辛い思いはさせたくないので抗がん剤治療はしません」と言いました
院長先生は「全ての生き物は産まれた時から老いと死に向かって歩んでいる、途中で病気になった場合それが治ったとしても産まれた時には戻れない、その後をどう生きてゆくかです」そして「白血病は今の動物医学では完治は出来ない現状です、申し訳ありません」と頭を下げられました

エルフは食欲も戻り私がご飯の用意をしているとキッチンの引き出しに前足をかけて催促します
食べ方も発症する以前と同じにショベルカーの様にガバガバ食べています
チューブ挿入の際に切開した胸の傷を舐めたり掻いたりするので抜糸するまではエリカラは取れません
でも毛繕いが出来るよう術跡の部分だけカラーで隠れるようにして他は切ってあげました
一昨日くらいから傷が痒いのか必死に舐めようとしています
抜糸が済めばカラーも外せて今まで通りの生活に戻れます
ご飯は栄養価の高い仔猫用が良いとの事で今回はアイムスキトンを選びました
そしてゼリータイプのウエットフードや塩無添加の小魚等を買ってきました
もうダイエットの必要はないので好きなだけ食べさせてあげます

写真は少し撮ったのですが、何も設定を変えていないのにサイズがおかしくなってしまうのでFC2に問い合わせています
出来るようになったらUPします

みなさんのブログへも暫く行けませんでしたが、少しずつ訪問させて頂きます




♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif

私の結論

2008年11月03日(月)

皆さん、沢山のご心配と励ましのコメントありがとうございます
何から話してよいか頭が纏まりません
結論からご報告しますとエルフの身体の中で眠っていた白血病が動き出し彼の命を蝕み始めました

脱水症状と重度の貧血状態になり2回の輸血と点滴をし鼻から流動食と酸素のチューブを挿入されました
退院し自宅で栄養価の高い流動食を一週間摂り落ち着きました
昨日、脊髄細胞の検査結果が出ました
「リンパ腫」または「急性白血病腫」という診断でした
獣医さんは抗がん剤治療の説明をしてくれました
人間と同じく抗がん剤は激しい副作用を伴います
獣医さんやミケトラさんや母と色々話をし、そして私はエルフに「戦わせない」結論を出しました

獣医さんは「また状態が悪くなった時の事を考えてチューブは付けたままにしましょう」と言われました
幸い食欲は戻っていたのでエルフのストレスを考え私は「取って下さい」と頼みました
普通の猫の生活に戻してあげたかったからです
エルフには出来るだけ辛い思いをさせず、その命が終わる時まで今まで通り楽しく気楽に過ごして貰おうと思います






♪ ランキング参加中 ♪ 記事が楽しかったらポチっとな ♪
IMGP4658_20090520104625.jpg 自分3(バナー用)
1321582586569590.gif 1324519237674313_20120123193655.gif